あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する

ターゲット
3.1 2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を10万人当たり70人未満に削減する。
3.2 全ての国が新生児死亡率を少なくとも出生1,000件中12件以下まで減らし、5歳以下死亡率を少なくとも出生1,000件中25件以下まで減らすことを目指し、2030年までに、新生児および5歳未満時の予防可能な死亡を根絶する。
3.3 2030年までに、エイズ、結核、マラリアおよび顧みられない熱帯病といった伝染病を根絶するとともに肝炎、水系感染症およびその他の感染症に対処する。
3.4 2030年までに、非感染症疾患(NCD)による早期死亡を、予防や治療を通じて3分の1減少させ、精神保健および福祉を促進する。
3.5 麻薬乱用やアルコールの有害な摂取を含む、薬物乱用の防止・治療を強化する。
3.6 2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。
3.7 2030年までに、家族計画、情報・教育、およびリプロダクティブ・ヘルスの国家戦略・計画への組み入れを含む、性と生殖に関するヘルスケアをすべての人々が利用できるようにする。
3.8 すべての人々に対する財政保障、質の高い基礎的なヘルスケア・サービスへのアクセス、および安全で効果的、かつ質が高く安価な必須医薬品とワクチンのアクセス提供を含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を達成する。
3.9 2030年までに、有害化学物質、ならびに大気、水質および土壌の汚染による死亡および病気の件数を大幅に減少させる。
3.a すべての国々において、たばこ規制枠組条約の実施を適宜強化する。
3.b 主に開発途上国に影響を及ぼしている感染性および非感染性疾患のワクチンおよび医薬品の研究開発を支援する。また、ドーハ宣言に従い安価な必須医薬品およびワクチンへのアクセスを提供する。同宣言は公衆衛生保護およびすべての人々への医薬品のアクセス提供にかかわる「知的所有権の貿易関連の側面に関する協定(TRIPS協定)」の柔軟性に関する規定を完全に行使する開発途上国の権利を確約したものである。
3.c 開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国において保健財政、および保健従事者の採用、能力開発・訓練、および定着を大幅に拡大させる。
3.d すべての国々、特に開発途上国の国家・世界規模な健康リスクの早期警告、リスク緩和およびリスク管理のための能力を強化する。
SDGsに関する講演、ワークショップについてお気軽にお問合せください

杉本嵩龍(すぎもとたかたつ)

『わくわく経営の科学』株式会社できる 代表取締役社長
一般社団法人SDGs支援機構公認SDGsビジネスコンサルタント
2030SDGsカードゲーム認定ファシリテーター
THE SDGs Action cardgame X(クロス)認定ファシリテーター
レゴ®シリアスプレイ®メソッド認定ファシリテーター
日本能率協会マネジメントセンターパートナーコンサルタント
   

  ■1964年生まれ。石川県かほく市出身。星稜高校~近畿大学理工学部卒。在学中から水中カメラマンとして活動。繊維加工会社を経営していた父親が病に倒れ実家に戻る。3代目としてバブル崩壊、リーマンショックなどの経済の大波うけ、売上が最盛期の50%に落ち込み会社の整理を44歳で決断。その後大手歯科商社に入社。『ワクワク経営の科学』幸せに働くことを追求している中小企業の経営者の応援団して「株式会社できる」を設立。社内の風通しを良くする研修、働きがい改革、社員の元気・やる気がアップする研修を得意とする。レゴ®シリアスプレイ®活用した組織活性研修において北陸トップランナーとして活動中。企業〜教育機関まで現在のべ50社以上 1000人以上に実施。日本能率協会マネジメントセンターパートナーコンサルタント。中小企業のSDGs普及と実践を目標に活動開始、中小企業へのSDGs導入コンサルや11月にいしかわSDGs実践セミナーに登壇予定。    

< 中小企業のための SDGs実践セミナー、講演依頼、ワークショップ、ビジネス導入支援についてのお問い合わせ・依頼はこちらから>